懐かしいモノ

これも懐かしい、と感じられる方もおられるのでは。

そう、ポラロイドカメラ。

自室のクローゼットの奥を整理してたら発掘されました。
フィルムは入っていたものの、残念ながらフィルムが感光していたのか撮影できませんでした。

あと、予備のフィルムなんかは見当たらず、さてどうしようかとなかなか悩ましい子です。

というのも、この形式のポラロイドカメラに使うフィルム、一旦完全に生産が途絶えたようで、ここ数年復活したようなのですが、10枚入りで約3,000円と結構なお値段。

まぁ現像+印刷の手間がいらないと思えば、ブローニーフィルムを使う二眼レフとそんなに差はない(というかポラロイドの方がトータルで安い)のですが、気軽に使うのもためらわれます。

むしろ、スマホやデジカメで無制限に気の済むまでバシャバシャシャッターを切れていた状態のほうが異常だったのかもしれません。

1枚1枚を丁寧に取る、という方が良いのかもしれないなーとも思います。

そして考えてみたら、ポラロイドもチェキも、
・撮影後は「現像・プリントしたその1枚しか残らない」
・データも残らない
・なんならネガフィルムの類も残らない
・とにかく現物以外は一切残さない
という特性から、「写真をあまり残したくない、増やしたくない」という方にとっては良いカメラなのかもしれません。

さーて、このカメラはどうしよう…使えそうではあるけど、何に使おうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です