レーザー加工機にパーツ追加

レーザー加工機を使ったMDF板のカット、いまだに苦戦していますorz。

ただ、ネットで情報を漁っていると
「エアアシストを使って、木を焼く時に出る煙をレーザーの照射ポイントから排除すると、レーザーの出力も弱まらなくてイイよ(`・(エ)・´)b」
という情報が。

さらに漁っていくと、3Dプリンタのデータをいっぱい集めたサイトThingverseで、もうまさにドンピシャなデータを見つけました。

小型の12v電源で動くファンが別途必要なんですが、そこはもうAmazon大先生にお願いして、早速出力&取り付けてみました。

これ、取り付けると確かに煙は出るそばから吹き飛ばされて照射点はクリアな状態を保てます。
ただ、そうなるともう排煙機構が全く使えなくなるという事態にw

まぁ色々とメリットデメリットはあるものの、メリットの方が大きい気がします。
何よりも、煙が照射点にない状態=レーザーの出力を損なわないで済むというのが大きいのと、あと炎が上がってしまう自体を防げています。
それに、焼いた部分がヤニや煤で汚れるのもある程度防げているようです。

うーん、本格的に「レーザー加工機の上からスポッと被せて煙が拡散しないようにしつつ、すでに作っている排煙機構を使って煙を外に出せる仕組み」的な何かを作ってみようか…

ちなみに、MDFボードの安定的な切り出しには、まだ成功していませんOTZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です